セフレの関係になる前に気をつけること

セフレ

あなたはセフレの関係を作ろうとするときに必ず事前に気をつけることがあることを知っていますか?

もしあなたがこれを知らないでセフレを作ってしまったら、あなたは大きな失敗をする可能性もあるほど大切なことがあるのです。

セフレという関係はあまり表向きには人様に言えるような関係ではありません。

しかし、やはり男女の仲になってしまうということは自然なことであり、仕方がないことなのです。

お互いにしっかり共通の認識でセフレという関係を続けていければ、特にもめることもなくセフレの関係を続けていくことができるでしょう。

いったいどんなことを気をつけないといけないのでしょうか。

今回はそんなセフレの関係になる前にあなたに気をつけておいてほしいことを紹介しましょう。

自分の気持ちと相手の気持ちをはっきりさせておく

自分がセフレがほしい、いつでもセックスできる相手がほしいという思いで、セフレを作っていたとして、もし女性があなたに気がある場合、その関係は最終的にどうなると思いますか?

セックスできる相手

あなたには気がないのに、相手はあなたに気があるという状態があるとしたらそれはきっとお互いが不幸になることは目に見えていることでしょう。

そう逆も然りで、あなたの気持ちと相手の気持ちがセフレという共通認識であることが大切です。

どちらかに恋に発展したらいいという思惑があって始まるセフレの関係は、ほとんどの場合いい形で終わることがなく、どちらかが大きく傷ついてしまう場合が多いのです。

しかし、前もってセフレの関係になる前にお互いの気持ちをある程度理解するように努めることが、長くセフレの関係を続けていくためには欠かせないのです。

なかなかセフレになるかどうかの前に、そのようなお互いの気持ちをはっきりと話し合うのは難しいかもしれませんが、その人を人として失いたくないのであれば、ある程度最初に話ができることが後々良いと思うので、ぜひあなたも頑張ってみてくださいね。

もし自分に彼女がいる場合伝えておくが吉

これはなぜかというとお互いの信頼関係に大きな影響を与えるからです。

信頼できない人とはセフレの関係を作ることができません。

なぜなら、お互いが秘密の関係を保つ上で、もしその秘密を片方がバラしてしまっては周囲のあなたの評価は下がり兼ねません。

そのため、もし万が一バレる可能性が少しでもあるのであれば、彼女がいることを前もって伝えた上でセフレの関係を始めることがベターです。

最初に彼女はいないと言っていたのに、実際にはいたということが関係が始まってからバレてしまったら、あなたの信頼度は一気に下がり、最悪の場合あなたとセフレの女性との関係は終わってしまうことでしょう。

そのように最悪な結果を防ぐためにも、前もって事実を知らせておくことで最悪のリスクを防ぐことができるのです。

相手の気持ちを弄ぶような発言をしないこと

せふれになるということは少なくとも、ある一線を越えるということに間違いはないため、その一線を越えるということはお互いの仲の良さも増すことは間違いないのです。

他の異性には言えないことも言えたりすることもあったりと、人として付き合いが深くなるものなのです。

そこでセフレの関係を続けたいがために、相手の気持ちを弄ぶようなことをしてしまえば、せっかく出来上がった信頼関係も終わってしまうことになりかねないので注意が必要です。

以上がセフレの関係になる前に気を付けておくことです。これらを参考にセフレ作りをしてみましょう。セフレ探しでいいサイトがあるので貼っておきます。

タップル誕生

タップル誕生というサイト、サクラが少ないと評判いいんです。

セフレの関係がはじまってからでは言えないことや言いにくいことも出てくると思うので、長く付き合っていくという意味でも関係を持つ前に話すことが大切なのではないでしょうか。

ぜひあなたのセフレ作りに参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です